【Unity】ProBuilder テクスチャの設定方法

本記事ではモデリングツールProBuilderで、オブジェクトにテクスチャを設定する方法を紹介します。

テクスチャを設定するためには、通常UV展開についての知識が必要ですが、

ProBuilderでは、Sceneビュー内で直感的に編集できるので、簡単に設定できます。

はじめに

本記事で使用する「ProBuilder」や「ProGrids」のインストール方法や基本操作操作に関して、こちらの記事にて紹介しています。

もしこちらの記事を見ていない方は、一度目を通してから本記事をご覧ください。

テクスチャのダウンロード

使用したいテクスチャをお持ちの方はそれを使ってください。

手元にテクスチャがない場合は、こちらの記事で無料でダウンロードできるテクスチャを紹介しています。

 

今回はその中から20 Man Made Ground Materialsを使用して説明します。

20 Man Made Ground Materials

20 Man Made Ground Materials

オブジェクトを用意

まず ProBuilder の NewShape ツールからキューブを生成し、適当なオブジェクトを用意しました。

適当なオブジェクト

適当なオブジェクト

このオブジェクトの面にテクスチャを貼り付ける方法を説明します。

テクスチャの張り付け

ProBuilder ウインドウから Material Editor を選択します。

ProBuilderのMaterial Editor

ProBuilderのMaterial Editor

Material Editor の Material Palette に使用したいテクスチャをセットします。

右端のポイントをクリックするとセットするマテリアルを選ぶことができます。

Material Editor ウインドウ

Material Editor ウインドウ


Select Material ウインドウ


フローリングのテクスチャを選択

フローリングのテクスチャを選択

今回は、20 Man Made Ground Materials の「Indoor 06 PBS」というフローリングのテクスチャをセットしました。

オブジェクトの面を選択し、Material Palette内の使用するテクスチャに対応するボタン(Alt+1)を押すと、貼り付けることができます。

テクスチャを貼り付け

テクスチャを貼り付け

 

UV編集

オブジェクトにテクスチャを張り付けたら、次はUV編集をしていきます。

まず、UVエディタを開きます

ProBuilderのUV Editor

ProBuilderのUV Editor

ProBuilderウインドウのUV Editorを選択すると、UV編集画面が表示されます。

UV Editor ウインドウ

UV Editor ウインドウ

通常のモデリングソフトは、このUV展開図を調整することで設定しますが、

Scene内で編集するためのボタン

Scene内で編集するためのボタン

 

scene内で編集する流れ

scene内で編集する流れ

ProBuilderでは、ウインドウ上部の矢印ボタンをONにすることで、UnityのSceneビューからUVを編集できます。

 

オブジェクトを編集するときと同様に、操作モードを切り替えることで、移動、回転、拡大縮小ができます。

移動(Wキー)

テクスチャを移動させる

テクスチャを移動させる

回転(Eキー)

テクスチャを回転させる

テクスチャを回転させる

拡大縮小(Rキー)

テクスチャを拡大縮小させる

テクスチャを拡大縮小させる

 

これらをうまく活用して直感的にUV編集を行うことできます。

編集した後

編集した後

今回はフローリングのテクスチャを例としたので、下の画像のようにしてみました。

STYLYにアップロード

ProBuilderで作成したオブジェクトをSTYLYにアップロードする方法はこちらの記事をご参照ください。

STYLYにアップロード後

STYLYにアップロード後

×