【Unity2019】問題の出た既存のSTYLYシーンをSTYLY 2.0に対応する方法

こちらの記事ではUnity2017を使って作成したSTYLYシーンが、STYLY 2.0で動作に問題のあった場合に正常に動作させるための手順をご説明します。

[2020/03/24更新] 「3.4 Unity2019からアップロードする」の項にSTYLYローカルプレビューツールに関して追記しました

概要

STYLYがサポートするUnityのバージョンは、Unity2017の系統でしたがUnity2019の系統にアップグレードします。

このアップグレードでSTYLYはSTYLY 2.0となります。

この詳細に関しては下記の記事に記載しておりますので事前にご確認ください。

この記事で言及するSTYLY 2.0 β版の各種リンクも上記記事に記載しておりますのでご参照ください。

 

Unity2017で作られてアップロードされたPrefabやSceneは、ほとんどの場合STYLY 2.0でそのまま動作するはずですが、一部互換性がなく従来と挙動や見た目が違ってしまう問題が発生する可能性があります。

主な内容については上記参照記事の「STYLY 2.0で互換性のないもの」の項をご覧ください。

これらの問題が発生した場合、対象のPrefabもしくはSceneをUnity2019からアップロードし直す必要があります。

以下で手順を説明します。

!!注意事項!!

STYLY Studioでのアセット配置とPublishについて

Unity2019からアップロードされたアセットはSTYLYの旧バージョンでは正しく動かない場合がございますので、STYLY Studioでのアセット配置およびPublishに関しては、STYLY 2.0のリリース完了が正式にアナウンスされてから行ってください。

(アナウンスはSTYLY公式Twitterアカウント等で行います)

Publish済みのSTYLYシーンのSTYLY Studioでの編集

外部サイトから作品URLを参照されている(サイト内埋め込み等)などで作品のSTYLYシーンURLを変更したくない場合は、Publish済みのシーンをそのまま編集することになるかと思います。

この場合Unity2019からアップロードしたアセットに置き換えると即座にPublish済みシーンに反映され、STYLY 2.0では動かなくなってしまうので注意が必要です。

STYLY 2.0で従来通りの動作を維持するためには前述の通り、STYLY Studioでのアセット配置はSTYLY 2.0リリース後に行ってください。

STYLY Studio 2.0(β版)での事前検証

STYLY Studioに関して、STYLY 2.0正式リリース前に別URLでβ版を提供しますので、事前の検証が可能となります。

この場合Publish済みシーンは編集せず、コピーしてシーンを作り、そこにアセット配置等を行い、動作検証をしましょう。

この場合のアセット置き換えを行ったシーンは2.0リリース前のSTYLY(正式版)では動きませんのでご注意ください。

Unity2019への移行手順

大まかな流れは以下の通りとなります。

《事前準備》

  • Unity Hub、Unity2019のインストール
  • プロジェクトのバックアップ

《移行作業》

1. STYLYシーン作成に使ったプロジェクトをUnity2019で開く

 ※一部のパーティクルやシェーダーは適宜修正や置き換えをする

 ↓

2. 対象のアセットをUnity2019からアップロード

 ↓

3. STYLY Studio 2.0 β版でのシーン編集

 ※Publish済みシーンは編集せずコピーしてテストしてください

 ↓

4. STYLY 2.0 β版 での事前検証

 ↓ — STYLY 2.0の正式リリース

5. STYLY Studio 2.0(正式版)でのシーン編集

 ↓

6. STYLY 2.0 正式版での動作確認

 VRアプリ、Gallery、Webプレイヤー

Unity2019のインストール(Unity Hubを使用)

まずはUnity2019をインストールする必要がありますが、ここではUnity公式のUnity Hubというツールを使ってインストールしたいと思います。こちらを使うと、今回の場合のようにバージョンの異なる複数のUnityをインストールする場合に一元管理できるなど、便利なのでオススメです。

 

Unity Hubのインストール

Unityのインストールに必要なUnity Hubをインストールします。下記ページにアクセスします。

https://unity3d.com/jp/get-unity/download

「Unity Hubをダウンロード」ボタンをクリックすると、Unity Hubセットアップファイルがダウンロードされます。

Unity Hubをダウンロード

Unity Hubをダウンロード

 

セットアップファイルをダブルクリックして起ち上げると、ライセンス同意、続けてインストール先が聞かれるので設定してインストールボタンをクリックし、インストールします。

Unity Hubインストール1

Unity Hubインストール1


Unity Hubインストール2

Unity Hubインストール2

Unity Hubを起ち上げると、左にいくつかセクションがあり、「プロジェクト」ではプロジェクト一覧、「使い方を学ぶ」ではUnityのチュートリアルを表示することなどができます。

(Unity Hubのバージョンで異なる可能性があります。)

Unity Hubプロジェクト一覧

Unity Hubプロジェクト一覧(Unity Hub 2.3.0の場合)

 

ちなみに、Unity Hubはウィンドウの閉じるボタンでウィンドウを閉じてもタスクトレイ(Windowsの場合)にアイコンが表示されていて、これをクリックするといつでもUnity Hubを開けます。

Unity Hub in タスクトレイ

Unity Hub in タスクトレイ

Unity2019.3.6f1のインストール

次に、Unity2019自体をインストールします。

「インストール」のセクションを開いてください。ここではUnityエディタ本体のインストールを管理することができます。

通常Unity Hub経由でUnityをインストールする際はインストールボタンからインストール可能です。

Unity Hubインストールセクション

Unity Hubインストールセクション(上記はすでにUnity HubでいくつかUnityをインストールしている状態)

 

しかしUnity Hubからインストールしようとすると、Unity2019の系統は執筆現在でUnity2019.3.5f1しか選べません。

Unity Hubのインストールボタンをクリック時

Unity Hubのインストールボタンをクリック時

 

そこでSTYLY推奨のUnity2019.3.6f1をインストールするには下記アーカイブページにアクセスします。

https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive

こちらでUnity2019.3.6を見つけ、「Unity Hub」ボタンをクリックします。

UnityアーカイブページからUnity Hubボタンをクリック

UnityアーカイブページからUnity Hubボタンをクリック

すると、Unity Hubが開き、希望のバージョンをダウンロード、インストールするダイアログが開きますので進めていきます。

STYLYへのアップロードに必要なモジュールにチェックをつけます。

 

Unity2019.3.3f1インストールダイアログ

Unity2019.3.6f1インストールダイアログ

STYLYにUnityからプレハブやシーンをアップロードするには、以下のモジュールがあらかじめインストールされている必要があります。

  • Windows Build Support (Windowsをお使いの場合、デフォルトでインストールされます。)
  • Mac Build Support (Macをお使いの場合、デフォルトでインストールされます。)
  • Android Build Support
  • WebGL Build Support
  • iOS Build Support

それ以外のモジュールはSTYLY利用では必要ないので全てチェックを外しても問題ないですが、チェックをつけてインストールしても問題はありません。

「INSTALL」ボタンをクリックすると、インストールが始まります。

インストールセクションの一覧に選択したUnityバージョンが現れ、インストールの状況を表す進捗メーターが表示されます。

Unity HubでUnityのインストール中

Unity HubでUnityのインストール中

各モジュールのダウンロードとインストールが行われますので、少し時間がかかるでしょう。

完了すると、進捗メーター表示がなくなり、インストールされた各モジュールのアイコンが表示されているはずです。

Unity HubでUnity2019のインストールが完了した

Unity HubでUnity2019のインストールが完了した

これでUnity2019.3.6f1のインストールは完了です。

 

プロジェクトのバックアップ

ここで早速Unity2019でプロジェクトを開きたいところですが、念の為、古いバージョンで作成したときの状態でUnityプロジェクトをバックアップしときます。

なぜかというと、以前のバージョンのUnityで作成されたプロジェクトを新しいバージョンのUnityで開くと、Unityが自動的に新しいバージョン用にデータを変換してくれます。つまりデータの中身が変わってしまいます。

そのため古いバージョンのUnityで再度編集する必要が発生した場合には正しく開けなくなってしまう可能性が高いです。

その他の場合にも、大きくデータ内容を変更する場合は元の状態の戻せるようにバックアップを取る癖をつけとくと何かと安心です。

バックアップといっても難しいことはなく、プロジェクトのフォルダを丸々コピーしておくだけで大丈夫です。

フォルダを丸々コピーするので、PCのディスク容量に十分に余裕がある必要がありますのでお気をつけください。

※念の為Unityを終了した状態でフォルダをコピーしてください

※gitなどのバージョン管理システムでプロジェクトを管理している場合等、自身で不要と思われる場合はこちらの作業は適宜スキップしてください。

Unity2019でプロジェクトを開く

それではUnity2019でプロジェクトを開きます。

Unity Hubの「プロジェクト」セクションを開いてください。まだ何もない状態可と思います。

既存のプロジェクトを開くには「リストに追加」ボタンをクリックします。

Unity Hubでプロジェクトを追加

Unity Hubでプロジェクトを追加

開かれたダイアログでUnityプロジェクトのフォルダを選択するとプロジェクトが追加されます。

追加されたプロジェクトの「Unityバージョン」からこのプロジェクトを開くUnityのバージョンが選択できますので、ここからUnity2019.3.6f1を選びます。

プロジェクトを開くUnityバージョンを選択できる

プロジェクトを開くUnityバージョンを選択できる

 

プロジェクトを開くUnityバージョンを選択

プロジェクトを開くUnityバージョンを選択


Unityバージョンが選択したものに変わった

Unityバージョンが選択したものに変わった

Unityバージョンが変わったら、開くUnityプロジェクトの行をクリックします。

すると下記警告が表示されます。バックアップを取ったことを確認し、本当によければ「確認」ボタンを押して開きましょう。

Unity Hubの警告

Unity Hubの警告

変更した後のバージョンのUnityで開かれるはずです。

適宜プロジェクトデータが変換されますので、少し時間がかかるでしょう。

Unity2019で開いた後にスクリプトエラーが出た場合

Unity2019で開いたら、スクリプトエラー(コンパイルエラー)が出てシーンを実行できない可能性があります。

例えばエラー元がPlayMakerの場合、PlayMakerを再インポートすることでエラーを解消できたりします。

PlayMakerの再インポートはUnityを一旦閉じ、エクスプローラーから[PlayMaker]フォルダ、[Plugins] > [PlayMaker]フォルダを削除し、Unityを開いた後再度PlayMakerをインポートしてください。

(PlayMakerフォルダにPlayMakerテンプレートを保存している場合などはフォルダ削除する際にお気をつけください)

Unity2019からアップロードする

Unity2019でプロジェクトが開けたら、問題の発生している(アップロード対象の)PrefabもしくはUnityシーンを確認しましょう。

Unity2019で修正が必要なものは適宜修正してください。

 

アップロードするためのSTYLY PluginもUnity2019用のバージョンがあります。

「概要」の項で参照している記事にダウンロードリンクを記載しておりますので、そちらよりダウンロードしてインポートします。

 

あとは、今までと同じ方法でSTYLYにアップロードします。

従来と同じように、アップロードしてSTYLY Studioでシーンに配置した後に動作確認が可能となります。

ですが、前述の注意事項の通り正式版STYLY Studioでのアセット配置はまだ行わず、アップロードのみに留めておいてください。

【2020/03/24追記 ここから】

対象がUnityシーンの場合、アップロードせず動作確認する方法

STYLYにアップロードせずにSTYLY VRで確認できるツールを提供開始しました! ぜひご利用ください。

詳細は下記記事でご紹介しています。

【2020/03/24追記 ここまで】

 

アップロード方法を忘れてしまった方は下記記事をご参照ください。

STYLY Studio 2.0(β版)でのシーン編集

注意事項の項で述べたとおり、STYLY Studio 2.0 β版で対象のSTYLYシーンをコピーしてシーンを作り、アップロードしたアセットに置き換えてください。

STYLY 2.0(β版)での事前検証

編集したシーンをSTYLY 2.0 β版のVRアプリ、Webプレイヤーで動作確認してください。

 

STYLYの各サービスβ版へのアクセス方法については前述の下記記事に記載しています。

STYLY 2.0の正式リリースを待つ

STYLYから正式リリースがアナウンスされるのを待ってください。

アナウンスはSTYLYのメルマガ、Twitter等で行います。

STYLY Studio 2.0でシーンを編集

STYLYから正式リリースがアナウンスされましたら、β版でなく正式版のSTYLY Studioでシーンを編集します。

Publish済みのシーンはここでやっと編集できます。

問題のあるSTYLYアセットを削除し、新たに今回アップロードしたUnity2019対応のPrefabやUnityシーンを配置します。

Publishの必要があれば適宜Publishしてください。

STYLY 2.0(正式版)で動作確認

STYLYアプリ(VRアプリ)も正式版がリリースされているはずですのでアップデートし、動作確認します。

STYLY Gallery、Webプレイヤーでも問題ないことを確認しましょう。

 

以上でUnity2019移行対応の手順は終了となります。

おつかれさまでした!