STmアイキャッチ02

STYLYとUnityのPlaymakerで無双VRを作る Vol.2 -Look At とCollison Enter –

この記事ではUnityのPlaymakerを使って敵キャラクターの動きと当たり判定の作り方を紹介します。

敵キャラクターはプレイヤーがどこにいてもプレイヤーに向かってくるようにします。

そしてプレイヤーが持っている剣に当たると消える設定です。

前に記事にはこれまで設定が書かれているのでそちらをご覧ください。

前の記事 STYLYとUnityのPlaymakerで無双VRを作る Vol.1 -アニメーションとランダム生成-

 

完成シーン

完成シーン

 

サンプルアセットをWebEditorで確認する

サンプルアセットをWebEditorで確認するLaunch the WebEditor

※STYLYに登録していれば、本TIPSで作成したサンプルアセットをWebEditorで確認することができます。
アカウント未登録の場合、新規登録を行ってから再度、本ボタンをクリックしてください。

アカウント登録はこちらから
Click here

 

サンプル

STYLY GALLERYからサンプル空間を体験できます。

ギャラリーページ

記事で紹介しているUnityプロジェクトのダウンロードはこちらからできます。

サンプルプロジェクト

 

使用しているアセット

PlaymakerMove Motion Free Packを使用します。

Playmakerを使用します

Playmakerを使用します

 

Move Motion Free Pack

Move Motion Free Pack

キャラクターの設定

コンポーネントの追加

キャラクターが攻撃されたときの当たり判定を取得するためにRigidbodyとCapsule Colliderを追加します。

プレハブ化した”Nakagawa”を選択してコンポーネントを追加します。

RigidbodyのIs Kinematicのチェックは外しておきます。

Use Gravityのチェックも外しておきます。

Capsule ColliderのIs Triggerはチェックを外します。

体の形状に合うようにCenter、Radius、Heightの値を調整します。

RigidbodyとCapsule Colliderの追加

RigidbodyとCapsule Colliderの追加

 

Stateの設定

Prefabsフォルダの”Nakagawa”を選択してここにFSMを追加します。

Playmaker Editor上で右クリックしてAdd Stateから新規でステートを作成します。

VR上でのプレイヤーを取得するためにメインカメラを取得します。

Get Main Cameraを追加します。

Store Game ObjectにはNew VariableからMainCameraを作成してそこに格納するようにします。

Get main Cameraの追加

Get main Cameraの追加

 

キャラクターがプレイヤーの方を向くようにLook Atを追加します。

Target ObjectにはMainCameraを指定します。

Keep Verticalにはチェックを入れます。

Look Atの追加

Look Atの追加

これでキャラクターがプレイヤー(MainCamera)の方に向くようになりました。

 

次はプレイヤーに近づいてくるようにしていきます。

ここではMove Towardsを使っていきます。

Target ObjectにはMainCameraを指定します。

Ignore Verticalにはチェックを入れます。

Max Speedの値をここでは2にします。

Finish Distanceは1のままにしておきます。

0にするとTarget Objectの位置まで移動しますが、1にしておくと少し手前で止まるようになります。

数値が大きいほどターゲットから離れた位置で止まります。

Move Towardsの追加

Move Towardsの追加

これでプレイヤーに向かっていくキャラクターができました。

 

当たり判定を取得するためにここではCollision Eventを追加します。

CollisionにはOn Collison Enterを指定します。

Send EventにはSystem EventsからCOLLISION ENTERを選択します。

Collision Eventの追加

Collision Eventの追加

 

衝突したら削除するようにしたいのでオブジェクトを削除するステートを追加します。

Destroy Selfを追加して衝突したら自身を削除させます。

Destroy Selfの追加

Destroy Selfの追加

これで設定は完了です。

あとはVol.1で作ったプレハブ”STYLYmusou”をSTYLYにアップロードしてシーンに配置するだけになります。

 

UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法
記事を読む

 

この記事ではPlaymakerを使ってキャラクターの動く方向や衝突判定の仕方を紹介しました。

Vol.1との2部構成でSTYLYで無双的なゲームを作る方法を紹介しました。

VRと無双的なゲームはとても相性が良いと思うのでもっといろいろ作り込んでみたいですね。

攻撃された時のやられモーションをつけたり、音やエフェクトなどを追加すればもっと迫力のある

ゲームになっていきます。

自分のスキャンデータをVRゲームにして簡単に公開できるなんて素敵ですね。

 

記事で使用した3Dモデルは、サンプルプロジェクト内にあります。
3Dモデルの使用は、STYLY内で限りご使用いただけます。
STYLY内で使用していただけるのであれば、改造や改変に制限はありません。