【Unity/Playmaker】コントローラーを使ったインタラクションの実装方法【まとめ】

この記事では、VRのコントローラーを利用して、インタラクションを実装する方法を解説した記事をまとめております。

コントローラーを利用したインタラクションは多数ありますが、そのなかでも、STYLY上で使える汎用性の高い基礎的なインタラクションについてまとめております。

「コントローラーを利用したインタラクティブな作品作りをしたいとき、何ができるのだろうか…?」
と、迷ったときはぜひこの記事を読んでみてください。基礎的な内容をまとめておりますので、各記事の内容を理解すれば、簡単に自分のインタラクションに応用できます。

また、UnityやPlaymakerを触れたことがない、初心者の方にとっては、各記事の内容を実際に手を動かして実装することで、理解を深めることができます。勉強の教材としてもぜひ利用してみてください。

コントローラーのインタラクションを実装する際には、UnityとPlaymakerが必須となります。
あらかじめ準備しましょう。

Playmakerについて

PlaymakerはUnityで使用できるノードベースのビジュアルスクリプティングツールです。
プログラミングの知識がなくても、アクションやインタラクションを実装することができる便利なツールです。

ダウンロードはこちらから

 

あらかじめPlaymakerをインストールしましょう。

はじめてPlayMakerを使用するひとは、あらかじめ以下の記事を一読することで、理解を深めることができます。

インストールができたら、Playmaker Editorを開き、画面上に格納しておきます。

 

Playmaker Editorを格納

インタラクション

現在、STYLY MAGAZINEにて公開されているコントローラーを利用したインタラクションを解説した記事のURLを、完成イメージのGIFと共に紹介します。

コントローラーを3Dモデルに衝突させ、動かす方法

通常の3Dモデルに対しては、コントローラーはすり抜けてしまいます。
この記事では、すり抜けないようにし、衝突したら、3Dモデルが動く仕組みを基礎から説明しています。

コントローラーがオブジェクトに触れたとき、イベントを発生させる方法 (TRIGGER EVENT)

TRIGGER EVENT

この記事ではコントローラーが3Dモデルに触れるとインタラクションが起こる方法を解説しています。
基礎的なインタラクションとして、3Dモデルの色が変わる方法を実装しています。

コントローラーがオブジェクトに衝突して、イベントを発生させる方法(COLLISION EVENT)

TRIGGER EVENT

TRIGGER EVENT

この記事ではコントローラーが3Dモデルに衝突するとインタラクションが起こる方法を解説しています。今回は、色が変わるインタラクションを実装しています。

コントローラーのボタン入力によって、インタラクションを発動する方法

この記事ではコントローラーのボタンを入力することでインタラクションがh発生する方法を解説しています。
今回は、ボタンを入力すると、弾が発射する基礎的な銃弾の実装方法を説明しています。

 

コントローラーをオブジェクトに触れた状態で、ボタン入力してイベントを発生させる方法

オブジェクトにコントローラーを触れてから、トリガーボタンを押すとイベントが発生する

オブジェクトにコントローラーを触れてから、トリガーボタンを押すとイベントが発生する

この記事ではコントローラーが3Dモデルに接触した上で、コントローラーのボタン入力によってインタラクションが発生する方法を解説しています。

コントローラーにオブジェクトをくっつける方法

コントローラーにオブジェクトがくっつた状態

コントローラーにオブジェクトがくっつた状態

この記事では、コントローラーに別の3Dモデルをアタッチメントし、プレイヤーが3Dモデルを持った状態でプレイできる方法を解説しています。

 

以上が現在STYLY MAGAZINEに公開されているコントローラーでのインタラクションを発生させる方法となります。

これらは基礎的な部分が多く、これらの方法をかけ合わせたり、応用することで、よりギミック性の高いインタラクションを実装できます。

没入度を高めたり、空間を作ることは、鑑賞者がどれだけ作品とコミュニケーションをとれるかが重要になってきます。

一方的な鑑賞の押し付けではなく、鑑賞者とどのようにコミュニケーションをとり、体験を生み出していくかが、作品の質を高める要素です。

そのためには、様々なアートや映像、ゲームなど、あらゆるコンテンツを鑑賞・体験し、自分のものに取り入れていき、素敵な作品をつくってみましょう!

×